コロナ9割リスク減少!?

日経より抜粋
米ファイザーのコロナ飲み薬、入院・死亡リスク9割減
米製薬大手ファイザーは5日、開発中の新型コロナウイルス向け飲み薬の投与により入院や死亡するリスクを約9割減らせたとの臨床試験(治験)データを公表した。緊急使用許可を得るため米食品医薬品局(FDA)に詳細なデータを提出するという。早ければ年内に米国で投与が始まる可能性がある。
開発中の治療薬「パクスロビド(PAXLOVID)」を、発症後3日以内の患者に投与したところ、投与していないグループに比べて入院・死亡リスクが89%減った。デルタ型など各種の変異ウイルスに対しても効果がある可能性があるという。
飲み薬は処方後に患者自らが服用するだけですみ、在宅治療でも対応しやすい。ファイザーのアルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)は「パンデミックを食い止めるための取り組みにおいてゲームチェンジャーとなる」とコメントした。パクスロビドは米国以外に、日本を含め各国の薬事規制当局にも承認申請する見通しだ。
米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)によると、パクスロビドは1回の治療につき30錠の錠剤を5日間かけて投与する。既にファイザーは錠剤の製造を開始しており、今後1年間かけて生産量を増やしていくという。米政府はファイザーとの間でパクスロビド170万回分の新薬調達を交渉しており、さらに330万回分の追加調達枠も確保する見通しだ。
詳細はこちらhttps://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB05BNW0V01C21A1000000/

治療薬として経口剤には、先程のファイザー社のものと、メルクのモヌブピラビルの二つが今のところあります 1)両方の経口剤はウイルス増殖遺伝情報を抑えます。←期待します。2)抗体カクテル点滴治療に、皮下注射が認められました。しかし医療従事者への感染性の問題や投与後の経過観察の義務及び高額であることにより、かなり適応は限られます。←あまり期待しません。現実的には法的な制約があるので、様子見ですが、後輩の抗体カクテル吸入が認められれば、抗体治療は容易くなります。注射投与より、吸入で自宅で自分ができるのがいいに決まっています。
これらは私見です。

関連記事

  1. 新型コロナ錠剤について

  2. 新型コロナ感染しない為に今すぐやるべきこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。