オミクロン感染について重要点

オミクロン感染に対して。


1)N95マスク以上のマスクは現在ありません。オススメはJ N95マスク。は日本。←このマスクでダメならお手上げです。満員電車で感染したという報道がありますが、
それなら従来のマスクでは防御できなかった可能性を考える必要があります。


2)パルスオキシメーターでは、たばこ病で病院に通っている人いがいは、普通の方は酸素飽和度は97〜100です。
指の形によってパルスオキシメーターとの接触の関係がありますので、5本指の中で一番酸素飽和度が高く出る指で検査する事を進めます。もし、コロナ感染していて、
酸素飽和度が96になると要注意。95になると、呼吸が苦しくなくても、肺炎を起こしている可能性がたかいです。この1〜2下がることが大きな意味を持ちます。
つまり、酸素飽和度96になったら病院受診するというように単純明確なアドバイスをすると皆んなにわかりやすいです。
勿論、マスクを触った手にはいつもウィルスがついているという認識でこまめに手洗いすることも必要です。
目の粘膜からの感染の可能性もないとは言えません。怪しい人がいるところでは、目元も注意です。


本来なら一家に一台パルスオキシメーターを渡しておいて、97以上は自宅待機、6時間毎のチェックを5日間行い、その間に96〜95以下になったら病院へ行く。これが単純明快。マスクは当然 N95。


オミクロン感染
1)N95マスク。
布マスクはダメ。不織布マスクでもN95の基準を満たしている方がオススメ。

2).酸素飽和度97以上は正常なので自宅待機95を切ると症状が乏しくても肺炎
おこしている可能性があります。酸素飽和度のチェックは発症後5
日間は3~6時間ごと、チェックする。

3]濃厚接触者において、無症状時の抗原検査陰性は何の保証にもなら
ない。発症後2日以降なら、感度 は高い。

関連記事

  1. Dr,kからのアドバイス(SKINケア)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。