新型コロナ感染しない為に今すぐやるべきこと

インタビュー、または医療機関、宇部内科より、ピックアップした内容を、
サイト運営チームの私達チームAでなるべく皆様にわかりやすいように、まとめました。
もし、あなたが困っている事や、疑問・質問があればTOPページに有る「お問い合わせ」から
メールを頂けると返信致します。いつでも、多少なりとも皆様の健康や、生活に
お役にたてれば、倖いです。では本文は6~8分ほどで読破出来ます。

新型 コロナ 感染症対策 として今すぐやるべき事

                                          
                                        

(1)新型コロナ感染対策

                   
 
  (文章中の※印と下線は最後のおまとめに追記もあり説明がありますので参考にして下さい。)
                                     
 

◎今すぐやるべき対応   ・PCRCT値について

 PCRサイクル域値 の最適な値
現行の40サイクルから35サイクルまでに引き下げます。
感染力 のない余計なPCR 陽性 者数を検出してしまう現行の
※CT40サイクルをやめてCT35サイクルをスタンダードにするべきです。
感染者数 が少なく発表されると国民の安心に繋がります。
感染者数 を少なく発表すれば良いという訳でなく、影響のある感染者を
正しく数値を出すほうが無駄に不安を煽らなくて良いという事です。

※CT40サイクル・・・表がありましたので参考までに

・CT40サイクルをやめてCT35サイクル

       

PCRサイクル域値 の最適な値

・PCR陽性診断 受ける

 
PCR陽性診断 受ける
受けてから患者さんの7日後の転機をきちんと報告。
  ただ単に1日の感染者数ばかりニュースするのはあまり意味がなく
  不安ばかり煽ります。
  今はPCR検査件数が以前に比べ数倍に増えています。
 a)無症状から軽症
b)中等度:酸素吸入の必要な方
c)重症:人工呼吸器が必要
この3段階に分けた発表をもとに各分野の専門家が討論すべきです。
高齢者は重症化すると決めつけないで年齢別重症化率を提示するほうが良いと思います
                

PCRサイクル域値 の最適な値

3)病院崩壊 を防ぐ手段の一つとして。
65歳以上や糖尿病 などのリスクのある方でも、無症状の方一律に入院とはしないで自宅またはホテルで待機してもらい、
その間※パルスオキシメーターを渡しておいて※95%になったら症状がなくても入院してもらうようにアドバイスします。
パルスオキシメーターで管理しているという安心感にも繋がるはず。
その間電話などを使い連絡を朝夕取り合うといいでしょう。
PCR陽性診断後1週間は※GPSなどできちんと患者さんの行動を管理する。
透析患者さんやがん治療患者さんおよび重篤な病状の方の治療は当然のことであり尚更のことです

・パルスオキシメーター  ・GPS


※パルスオキシメーター
パルスオキシメーター。上の数値が血中酸素飽和度、下が脈拍数だが、おすと数値が上下に反転する(京都府提供)
状況と場合にもよるが酸素濃度が95が目安だと再度記載します

4)PCR陽性判定後7日経過すると感染力はない


4)PCR陽性判定後7日経過すると感染力はないことが判明しています。
このメッセージを広く共有する必要があります。
コロナ患者さん治療に当たっている病院の負担を軽減するためにも入院が7日〜10日経過した患者さんについては、
病状が許せばリハビリなどの介助の必要な患者さんも含めて退院してもらい場合によってはリハビリ施設にお任せするのが良いと思われます。

破格で検査をしていたり報告義務がないので、この検査結果を国に報告させること。

 現在時点では報告の義務もなく報告はされていません。
 そうすれば、より正確なこのデータを利用すれば新型コロナ感染の流行の指標として利用できます。

PCRサイクル域値 の最適な値

6)※新型コロナ抗体検査を適宜行うこと
で流行の指標とすること。
横浜市立大による新型コロナ感染者からの抗体検査の結果からは、ほとんど無症状の方からでも97%という高率な抗体陽性が証明されています。

7)抗原定量検査の普及を急ぐこと。

PCR検査…検査したいウイルスの遺伝子を専用の薬液を用いて増幅させ検出させる検査方法
鼻や咽頭を拭って細胞を採取し、検査を行います。感染してから発症する数日前より検出可能とされています。
主に体内にウイルスが検査時点で存在するかを調べるときに用います。
抗体検査とは…過去にそのウイルスに感染していたかを調べる検査です。
ウイルスに感染すると形成されるタンパク質(抗体)が血液中に存在するかを調べます。
体内に抗体ができるまでには時間がかかり、現在そのウイルスに感染していないことの検査に用いることは難しいとされています。
抗体検査の中でもIgMとIgGという検査があります。

・抗原定量検査


抗原キット検査の利用は医師の判断に委ねます。

最後に PCR検査陽性の場合

※抗原定量検査は唾液で安全に検査が出来てなおかつPCR検査と遜色がないとされています。
抗原検査は新型コロナ感染の診断に使えるのみならず、これが陰性化するということは感染力も無くなったことを意味します。

・7日以内   ・7日以降   ・10日後

まとめ: 今のデルタについてははっきりと検証されてないので、このデルタ株でも、7日あとの感染力がなくなっているかどうかの検証を専門家委員中心で、
ウイルス学者や現場のドクターの協力を得て検証を急ぐべきです(各ページや※印の含む文書中、説明があるものは割愛させて頂きます)

・使用したほうが良い薬&使う薬 全体まとめ&追記

                                         
文中の※印の解説
※パルスオキシメーター血中酸素飽和度・脈拍数を計るものです
※95%・・・血中酸素飽和度が95%以下だと呼吸困難を引き起こす場合があります
※CT40サイクル・・・PCRサイクル域値が40サイクルに統一をしたほうが良い
(PCR検査で出るあたいち)
※GPS・・・上空にある数個の衛星からの信号をGPS受信機で受け取り、受信者
自身の現在位置を知るシステムです。
(各ページや※印の含む文書中、説明があるものは割愛させて頂きます)

 

関連記事

  1. 糖尿病について

  2. 心の病気メンタルケア

  3. 三大疾病について

  4. コロナ9割リスク減少!?

  5. メディカルからのSKINケア

  6. 老化しない身体

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。