診療方針
当院では年齢を問わず主に内科系の総合診療を行なっています。西洋医学と東洋医学の垣根を超えた統合医療を心掛けています。

a)脳や心臓で倒れない為の検査と治療

b)ガンの臓器別早期発見のアドバイス

c)心不全や呼吸不全の予防と治療

などをメインテーマとしています。

個人クリニックで行える検査や治療にはもちろん限界があります。しかし多くの大病院や検査専門機関と日頃から連携を密にすることによりあらゆる検査及び専門的治療を迅速に行うことは可能です。私は何ごとでも大事に至らない早期のうちに治療開始する事を常に心掛けています。


1)ガンにかからないという確固たる方法はありません。

それなら症状のない段階で気になる臓器のガン発見に最適な検査を受けることが、現実的なガン予防だと考えています。

2)心不全や呼吸不全などは種々の要因から生じます。意外に我々医師の処方する不適切な治療薬が原因となることもあります。そのために幅広い知識を持ちいつでも気軽く相談できるドクターを友人として持つように私は心掛けています。

3)脳と心臓などの動脈硬化で倒れない為に、症状のないうちに、尿検査や血液検査だけで判断することなく、侵襲が少なく且つ精密な画像検査を選んで適宜行なうように心掛けています。

当然のことですが、動脈硬化で倒れない為には、精密検査の結果を参考にして生活習慣病の 4本柱(糖尿病、脂質異常、高血圧、慢性腎臓病)の尿や採血検査の管理基準の見直しをするようにしています。

私は個人的には高血圧や高コレステロール血症の治療に関しては優れた薬剤が揃っており多くのドクターもこれらのコントロールに苦慮する事は余りないと感じています。

慢性腎臓病は種々の要因で引き起こされる為に総合的治療判断が必要だと思います。

中性脂肪と糖尿病治療に関しては食餌の影響が非常に大きく影響し、薬剤治療が主体ではないと私は感じています。